HomeHome  FAQFAQ  SearchSearch  UsergroupsUsergroups  RegisterRegister  Log in  
Log in
Username:
Password:
Log in automatically: 
:: I forgot my password
Search
 
 

Display results as :
 
Rechercher Advanced Search
August 2017
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
CalendarCalendar
Latest topics

Share | 
 

   JPX800アイアン処置を考えるべきケース      

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
loveann123



Posts : 25
Join date : 2013-08-27

PostSubject:   JPX800アイアン処置を考えるべきケース         Mon Dec 02, 2013 7:52 pm


  
   ウォーター・ハザードは前進三打でのプレーとなる。
  
  例えば、グリーン・サイドの打ち易いライにあったボールを トップしてウォーター・ハザードに打ち込んだり、それが非常に悪いライの所に転がってしまった時などに (場合によっては それが バンカー内に転がってしまった時でも)ゼクシオMP700アイアンストロークと距離に基づく処置を選択する余地は残されていると言うことである。
  
パー 4 やパー 5 の 2打目が顎の高いフェアウェー・バンカーに突き刺さってしまった場合なども、そのボールのアンプレヤブルを宣言してバンカー内にボールを ドロップしてプレーするよりも (ピンとボールを結んだ後方のバンカー外にボールをドロップしてプレーする選択肢はないから) ストロークと距離に基づく処置の選択肢を選んだ方が有利なことはある。 また、例えば グリーン上のJPX800アイアンカップの近くにあったボールをパットしたが 打ち損じて外し、それが下りのパットだった為に どんどん転がり グリーンの外に出てしまった時なども ストロークと距離に基づく処置を考えるべきケースである
Back to top Go down
 
  JPX800アイアン処置を考えるべきケース      
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
 :: Electrolounge :: Feedback-
Jump to: