HomeHome  FAQFAQ  SearchSearch  UsergroupsUsergroups  RegisterRegister  Log in  
Log in
Username:
Password:
Log in automatically: 
:: I forgot my password
Search
 
 

Display results as :
 
Rechercher Advanced Search
October 2017
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
CalendarCalendar
Latest topics

Share | 
 

   タイトリストVG3考えられた工夫の表れである   

View previous topic View next topic Go down 
AuthorMessage
loveann123



Posts : 25
Join date : 2013-08-27

PostSubject:   タイトリストVG3考えられた工夫の表れである      Wed Oct 23, 2013 1:39 pm


  
  
   飛距離の出るボールの打ち出し角とバックスピンの関係について理解を深める必要がある。
  
  まず、ギア効果だが、それは トウ・サイドで打ったボールが フック系の球に (右イラスト参照) また、ヒールサイドで打ったものが スライス系の球になるようなボールのスピンに係わる効果で、打ち損ねたボールをタイトリストVG3ターゲットに戻したり、ボールを故意に左右に曲げたりするのに極めて有効な現象である。
  
  これは ヘッドの重心深度、フェースのどこにボールが当たるか (オフ・センターの度合い)、そして、ヘッド・スピードによって決まると言われている。一昔前にVG3フォージドアイアンメタルウッドが上級者に好まれなかった理由は、スチール製のメタルウッドの重心深度が浅いので そうしたボールのコントロールが思うように出来なかったためである。また、 フェースの水平方向の丸み (バルジ) は そうした現象を考慮して、フックするボールが 最初は右に出て 空中でセンターに戻るという形で 方向性が良くなるようにと考えられた工夫の表れであるミズノJPX800スイングの特徴と言えます
  
  最近のドライバーの多くは このギア効果を飛距離を伸ばすために最大限利用するよう デザインされている。
Back to top Go down
 
  タイトリストVG3考えられた工夫の表れである   
View previous topic View next topic Back to top 
Page 1 of 1

Permissions in this forum:You cannot reply to topics in this forum
 :: Electrolounge :: Feedback-
Jump to: